リハビリテーション部


【リハビリテーションとは?】
リハビリテーション部リハビリテーション(rehabilitation)の意味は、re(再び)habilis(適した、ふさわしい)ation(にすること)です。つまりリハビリテーションとは、病気やケガによって障害を負い、心と身体の両面で望ましくない状態に陥った方に、ふさわしいと思える状態に戻るためのお手伝いをするものです。リハビリテーションは病気やケガの症状はもちろん、患者さんの生活や人生へも関わる人間的で身近な医療です。

【リハビリテーション部の理念】
患者さんの「人間としての尊厳の回復」をめざし「QOL(生活の質)」の向上を考慮した最新・最良のリハビリテーション治療を提供いたします。

【リハビリテーション部の特徴】
当院のリハビリテーション部は、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)による患者さん中心の包括的なリハビリテーションを実践しています。最近では、患者さんの早期回復をめざして手術前・手術後早期からの取り組みを展開しています。また、回復期リハビリテーションとの連携や、必要に応じて退院後の生活環境整備・家屋改造・介護機器導入の検討を行っています。

○理学療法:PT(Physical Therapy)
理学療法
理学療法
病気・けがなどを受けた方に対し、その治癒を促進、また残存能力を最大限に引き出し、社会復帰を助ける治療です。そのために、運動や温熱・電気を利用して、運動能力の回復、日常生活に向けた動作・訓練などを行います。また、生活の質を向上させるために家族や地域への指導や、働きかけも重要な務めとして活動しています。理学療法士はそれぞれの患者さんの障害に応じた個別訓練を行い、家庭復帰・社会復帰を少しでも早く、また最大限に回復した状態で退院していただくためリハビリをすすめています。



○作業療法:OT(Occupational Therapy)
作業療法
作業療法
身体または、精神に障害のある方に対し、日常の動作やさまざまな活動に関わる生活動作訓練を行い、社会への適応能力の回復を図る治療です。患者さんそれぞれが喜びを感じられる社会復帰に向けて、さまざまな角度から援助していきます。訓練には身体面へのリハビリテーションのみでなく、食事・着替え・歩行・入浴・料理・洗濯など家庭復帰後の身近なシーンを想定した幅広い訓練を実施しています。



○言語聴覚療法:ST(Speech-Language-Hearing Therapy)
言語聴覚療法
言語聴覚療法
脳卒中などによって生じたコミュニケーション(言語)障害を持つ方に対し、専門の言語聴覚士が相談・検査・リハビリテーションを行います。また、飲み込み(嚥下)を中心とした食べることに障害のある方に対しての相談・検査・リハビリテーションなども行っています。






○視能訓練士:ORT(Orthoptist)
視能訓練士とは、眼科医の指示のもと視機能検査や、斜視・弱視の検査・訓練を行う眼科専門の医療技術者です。視機能の検査には視力・眼圧・視野・色覚など様々なものがあり、これらの検査を各患者さまの症状に合わせて行い、的確なデータを医師に提供し治療のサポートをしています。また、矯正可能な斜視・弱視に対して、両眼視機能を回復させるために検査・訓練・治療を行ったり、病気で視力が低下した患者さまに、専門の眼鏡や補助器具を選ぶ手助けも行っています。
私たち視能訓練士は、乳幼児からお年寄りまで、みなさんの大切な目の健康を守るお手伝いをしています。


○臨床心理士:CP(Clinical Psychologist)
心療内科外来で,心療内科医の指示のもと,おもに心身症の方を対象に,カウンセリング,自律訓練法,臨床動作法などを行っています。カウンセリングでは,お話の内容に応じて,より良い暮らしを送るための援助をさせていただきます。詳細は心療内科のページをご参照ください。


○歯科衛生士:Dental Hygienist
手術や大きな治療の前に、お口の中の状態を把握し、細菌を減少させることで、術後の合併症を予防し、全身の回復を助ける効果が期待できます。お口の中を清潔にし、患者さんに安心・安全な手術や治療を受けていただけるように、歯科衛生士は、セルフケアの指導や専門的な口腔ケアを行っています。また、術後は病室に伺ってベッド上でケアを行う場合もあります。



【リハビリテーションスタッフ】(平成27年4月1日現在)
リハビリテーションスタッフリハビリテーションスタッフ
選任医師:1名
理学療法士:19名
作業療法士:8名
言語聴覚士:4名
視能訓練士:1名
臨床心理士:2名
歯科衛生士:2名
助手:5名








【疾患別施設基準】
脳血管疾患リハビリテーション(T)
運動器リハビリテーション(T)
呼吸器リハビリテーション(T)
心大血管疾患リハビリテーション(T)
がんリハビリテーション(T)
地域包括ケア病棟

【対象疾患】
○整形外科疾患(骨折治療後のリハ、股・膝人工関節術後、腰痛等)  ○摂食嚥下機能障害
○脳血管障害(脳卒中等)  ○循環器疾患(心臓リハビリテーション)
○呼吸器疾患  ○外科開胸・開腹手術後  ○スポーツ外傷・障害
○切断(循環障害や事故による)  ○乳がん  ○熱傷  ○糖尿病  
○その他 運動機能障害

【チーム医療への参加】
○脳卒中・神経センター  ○呼吸サポートチーム(RST)  
○整形外科・スポーツリハビリテーション
○心臓リハビリテーション  ○外科周術期リハビリテーション
○熱傷患者のリハビリテーション  ○切断患者のリハビリテーション
○乳がん治療専門チーム(マンマチーム)  ○栄養サポートチーム(NST)
○糖尿病教育入院  
○摂食・嚥下機能に対する取り組み  ○口腔ケア
○地域包括ケア病棟  ○脳卒中地域連携パス
○大腿骨近位部骨折地域連携パス  ○緩和ケア病棟におけるリハビリテーション




   次のページへ