耳鼻咽喉科


【診療方針・特徴】
耳鼻咽喉科・頭頸部外科疾患全般を対象としています。当科では、医師2名が診療に従事しています。特に良性・急性疾患の治療に重点をおき、迅速な対応を心がけています。

○鼻の手術、特に副鼻腔炎は内視鏡を用いて行っています。
○アレルギー性鼻炎に対しては、炭酸ガスレーザーによる治療を外来手術で行っています。

【取り扱っている疾患】
主として以下の診断と治療を行っています。
○耳:難聴、中耳炎、めまい、耳鳴、顔面神経麻痺等
○鼻:慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症、肥厚性鼻炎等
○咽喉頭:扁桃炎、アデノイド、いびき、睡眠時無呼吸症候群、嗄声(声がれ)、
     声帯結節、声帯ポリープ、咽喉頭異常感等
○頭頚部:耳下腺疾患、顎下腺疾患、甲状腺疾患、頚部腫瘤、嚥下障害等

【診療実績】(2014年)
外来新患者数は533名、入院新患者数は212名、手術例数は164例
手術内訳 症例数
鼓室形成術 25
鼻・副鼻腔 副鼻腔手術 31
下鼻甲介手術 7
口腔・咽頭 扁桃摘出術 42
アデノイド切除 12
その他
47
合 計
164
※症例の内容により重複があります


当院発行の広報誌「こんにちは せいてつ病院です(2006年9月)」より耳鼻咽喉科に関連する記事を抜粋しました。(PDF形式)内視鏡下鼻腔副鼻腔手術(PDF形式/368KB)
*記事中の稲木医師は退職されています。


PDF形式のデータをご覧いただくには最新の Adobe Reader が必要です。
Adobe Readerは左のボタンからダウンロードできます。