形成外科


【形成外科の目的】
形成外科とは「先天性および後天性の身体外表の形や色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科手術により形態・解剖学的に正常(美形)にする科であり、個人を社会に適応させることを目的」にしています。
生まれつき、または生後何らかの原因で、身体の一部が普通の人と比べて形態や色が異なり、または機能障害があって悩んでおられる方を対象としています。


【診療内容】
○外傷
・熱傷(軽症のやけどから全身熱傷)
・顔面や手足の外傷(手指の切断・骨折、皮膚欠損など)
・顔面骨折
 (鼻骨骨折・上下顎骨骨折、眼窩骨折、頬骨骨折など、あるいはそれらの変形治癒骨折)
○瘢痕(傷あと)・ケロイド
(上記の外傷や手術後にできた目立つ傷あとやひきつれ、外傷による禿げ、ケロイド)
○先天奇形
・口唇裂・口蓋裂、あるいは手術後の口唇や鼻の形で悩んでいる方
・手足の奇形(多指(趾)症、合指(趾)症、欠指(趾)症、巨指(趾)症など)
・その他の奇形
 (眼瞼下垂、小耳症、埋没耳をはじめとする耳介の変形、副耳、耳瘻孔、陥没乳頭、でべそなどの臍の変形など)
○腫瘍
・良性潰瘍・母斑(ほくろ・あざ)・血管腫
・悪性腫瘍およびそれに関連する再建(乳癌摘出後の乳房再建など)
○褥瘡・難治性潰瘍
(床ずれ、治りにくい皮膚潰瘍)
○その他
(巻き爪などの爪の変形、腋臭症、包茎など)

【診療実績】(2014年)

区分 件  数
入院手術 外来手術
全身麻酔 腰麻・伝達麻酔 局所麻酔・その他 全身麻酔 腰麻・伝達麻酔 局所麻酔・その他
1.外傷





102

熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷で全身管理を要する非手術例





(11)
熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷手術例 37
3

1 41
顔面軟部組織損傷




9 9
顔面骨折 9



1 10
頭部・頸部・体幹の外傷

2

1 3
上肢の外傷 5
2
2 20 29
下肢の外傷 1



6 7
外傷後組織の欠損(2次再建) 3




3
2.先天異常





6

唇裂・口蓋裂





0
頭蓋・顎・顔面の先天異常




2 2
頸部の先天異常 1




1
四肢の先天異常 1




1
体幹(その他)の先天異常 1



1 2
3.腫瘍





89

良性腫瘍(レーザー治療を除く) 21


1 63 85
悪性腫瘍 2



2 4
腫瘍の続発症





0
腫瘍切除後の組織欠損(1次再建)





0
腫瘍切除後の組織欠損(2次再建)





0
4.瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 9



2 11
5.難治性潰瘍





9

褥瘡

1

2 3
その他の潰瘍 4
1

1 6
6.炎症性・変性疾患 3
5

1 9
7.美容(手術)





0
8.その他 5 1 5

7 18
Extra.レーザー治療





15

悪性腫瘍レーザー治療例





0
良性腫瘍レーザー治療例




15 15
大分類系 102 1 19 0 3 134 259
手術項目その他の区分 壊疽:20、爪の異常:9、異物残留:3、眼瞼皮膚弛緩症:3、生検:3、眼瞼下垂:2、眉毛下垂:2、睫毛内反症:1、眼瞼脂肪過多:1、その他:2


【お問い合わせ】
治療に関するご質問は、お気軽に相談ください。
形成外科外来 TEL:093-671-9320


当院発行の広報誌「こんにちは せいてつ病院です(2010年4月)」より形成外科に関連する記事を抜粋しました。(PDF形式)熱傷チーム(PDF形式/2180KB)


PDF形式のデータをご覧いただくには最新の Adobe Reader が必要です。
Adobe Readerは左のボタンからダウンロードできます。