内科


 当院の内科は、循環器内科・高血圧センター、肝臓内科、消化器内科、糖尿病内科、腎臓内科、心療内科、呼吸器内科、脳血管内科の専門医が常勤医師として診療に従事しています。

 医療が高度化・専門分化するほど、病に悩む人々を総合的に診療することは、とても大切なことです。内科医には専門分野にとどまらず、さまざまな病気についての総合的な知識と診療技術が求められています。当院の内科医は、いずれも内科一般の幅広い知識をもとに、それぞれの専門性を備えていますので、プライマリ・ケアから高度医療まで対応することができます。当院は高齢者の患者さんが多く、複数の合併症をかかえる傾向にありますので、各専門分野の垣根を越え、内科のみならず外科系の専門医とも一致協力して、最適な治療方針を決めています。また血液、甲状腺、膠原病疾患については、院外より専門医(非常勤)を招いて専門外来を設けています。

 当院は臨床研修指定病院、内科学会教育病院であり、スタッフ一同、病院の理念・基本方針である「最新・最良の医療水準をめざして研修・教育に努め、チーム医療の推進を図り、患者さんの安心・安全につながる」診療を心がけています。