臨床研修部


【診療方針・特徴】
2004(平成16)年4月より医師の臨床研修制度が変わりました。医学部卒業後の2年間は原則として、厚生労働省が指定する病院で研修を受けることが義務づけられるようになったのです。それまでは、自分が専門とする領域のみを研修すればよかったのですが、専門領域以外の基本的な診療技術の修得がおろそかになりがちであり、医師としての資質をもっと高める必要があるとの反省から、新しい制度が生まれました。当院には昭和40年代初めまでの「インターン制度」、昭和58年からは旧制度下での臨床研修指定病院として、数多くの医師を育ててきた歴史があります。臨床研修病院には十分な教育・指導体制を整えること、しかもつねに医療の質的向上をめざすことが求められています。つまり地域において中核的な役割を果たし、高い使命感を持つ病院でなければならないということなのです。

現在、私たちの病院には卒業後2年目の研修医が6名、1年目が10名在籍しています。彼らは2年間で内科・外科・小児科・産婦人科・救急医療などはもちろん、精神科の病院や介護施設、さらに地域で開業されている先生方の診療所でも研修します。将来の医療を担う若い医師たちを、地域のみなさんも一緒に育てていただきたいと思います。

臨床研修部