心療内科


【診療方針・特徴】
 心療内科では「心身症」の診断と治療を行っています。「心身症」とは、簡単に言うと、「“ストレス”のために症状がひどくなる、体の病気」のことです。
 例えば、「緊張すると下痢がひどくなる」「イライラすると頭痛がひどくなる」などの病状をお持ちの患者さんに対して、整腸剤や頭痛薬などの体の治療を行うだけでなく、「『緊張』や『イライラ』についても、対策を講じてみませんか?」という提案を、当科では行なうのです。そして、患者さんの希望があれば、そのお手伝いをします。具体的には、カウンセリングを行ったり、リラクセーションの練習を行っていただいたりします。もちろん身体面の治療は、必要に応じて各専門科と連携しながら治療を行います。
 そのようなアプローチで、体の症状がどの程度改善するかは、体質や身体面の病勢など、様々の要因が関係するため、一概には言えませんが多くの場合「症状もずいぶんよくなった」「完全には良くならないけれど、気にならなくなった」「ずっと悩んでいたことが、一歩解決に向かった」など、喜んでいただける場合が多いようです。
 なお、上記の通り当科は精神科ではなく、学問的にはむしろ身体科に属するのですが、「精神科のない総合病院の心療内科」という役割を踏まえ、軽度のうつ病やパニック障害、身体表現性障害などの精神疾患についても、当院で適切な対応が可能と判断できる場合には、治療をさせていただいております。

【受診について】
 新患日は、毎週水曜日です。地域の主治医の先生の紹介状をあらかじめ拝見し、当科での治療が適切と思われるか検討したうえで、予約を取らせていただきますので、受診をご希望の方は事前に地域の主治医の先生にご相談ください。
 ただし、重症の精神疾患など、当科で対応できないことが明らかな場合には、その旨をお知らせし直接、適切な医療機関に受診いただくようお勧めしております。受診後に、当科での対応が困難であると判断した場合には、当科から適切な医療機関に紹介させていただきます。


 1.初診面接について

  臨床心理士による予診と心身医学専門医による診察を行います。病歴聴取、診察、心理テ
  ストなどを行い、正確な診断を心がけています。所要時間は1〜2時間程度です。

 2.心理療法について

  臨床心理士が常勤しており、医師の指示のもと、必要に応じてカウンセリング、自律訓練
  法、臨床動作法などを行うことができます。


【取り扱っている疾患】
機能性胃腸障害、過敏性腸症候群、過換気症候群、緊張型頭痛、片頭痛、単純性肥満症、糖尿病、本態性高血圧症、気管支喘息、円形脱毛症、口腔異常感症、咽頭異常感症、自律神経失調症など。および一部の精神疾患(軽度のうつ病、パニック障害、身体表現性障害など)

【取り扱っていない疾患】
てんかん、認知症、統合失調症、妄想性障害、非定型精神病、双極性障害、躁病、強迫性障害、解離性障害、PTSD、アルコール依存症、ギャンブル依存症、薬物中毒、薬物依存症、精神遅滞、発達障害、パーソナリティ障害、医療保護また措置入院の既往のあるケース、自殺企図のあったケース、自傷他害の恐れのあるケースなど

【心療内科の疾患でも他院をご紹介させていただく場合】
摂食障害(拒食症、過食症)、難治性の慢性疼痛、慢性疲労症候群、微量物質過敏症症候群、髄液漏、睡眠時無呼吸症候群、その他、他院が適切と判断された場合、より詳しい専門医がいる施設が適切な場合は、九大病院等へご紹介いたします。

【診療実績】

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
外来 新患 91名 82名 59名 51名 69名
男性36名
女性55名
男性33名
女性49名
男性22名
女性37名
男性24名
女性27名
男性17名
女性52名
平均年齢
56±19歳
平均年齢
56±18歳
平均年齢
50±22歳
平均年齢
57±19歳
平均年齢
59±20歳
院外
紹介数
45名 50名 32名 20名 29名
疾患別 認知症 3例 3例 2例 3例 6例
気分障害 36例 23例 10例 21例 14例
神経症圏 45例 32例 28例 16例 24例
摂食障害等行動症候群 1例 4例 4例 3例 2例
その他 9例 20例 15例 8例 23例