消化器内科


【特色】
食道から直腸まで「緻密な形態診断学に基づいた最新の消化管診療」を目標としています。
当院は日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設、日本消化管学会胃腸科指導施設に認定されています。

【扱う疾患】
食道疾患 :逆流性食道炎、食道アカラジア、食道がんなど
胃・十二指腸疾患 :消化性潰瘍、胃炎、胃・十二指腸ポリープ、胃がんなど
小腸疾患 :小腸ポリープ、小腸がん、感染性腸炎、慢性炎症性腸疾患(クローン病・腸管ベーチェット病・腸結核)、イレウスなど
大腸疾患 :大腸ポリープ、大腸がん、感染性腸炎、慢性炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎・腸管ベーチェット病・腸結核)、イレウスなど

※消化管悪性腫瘍に対する化学療法や膵腫瘍・胆嚢疾患の診療は外科で行っています)

【検査について】
○上部消化管内視鏡検査
地域医療連携室を通じて予約可能で、患者さんは検査当日のみ受診していただきます。内視鏡・病理組織レポートは後日紹介元へ郵送いたしますので、結果説明のために後日再受診する必要はありません。
朝食を摂らずにご来院いただければ、受診当日でも検査可能です。ご希望があれば、検査時に鎮静剤を投与しますが、投与後は終日車やバイクの運転ができません。
病院体験「内視鏡”胃カメラ”」

○大腸内視鏡検査
当科では本検査の際、良性ポリープに対し積極的に内視鏡治療を行う方針です。患者さんはインフォームド・コンセントのために、事前に必ず外来を受診していただく必要があります(この際、朝絶食は必要ありません)。ご希望があれば検査時に鎮静剤を投与します。

○消化管造影検査
従来の上部消化管透視、経口小腸造影、注腸X線造影に加え、経鼻チューブを用いた上部消化管精密検査、低緊張性十二指腸造影、小腸二重造影などを行います。予約検査のため、事前に必ず外来を受診していただく必要があります。

【治療について】

○良悪性腫瘍の内視鏡的治療
食道・胃では、内視鏡・消化管造影等で病変を評価し、内視鏡的切除が適応となった場合に内視鏡的粘膜下層切除術(ESD)や内視鏡的粘膜切除術(EMR)、ポリペクトミーを行います。手術不能の表在がんに対してはアルゴンプラズマ凝固法(APC)を用いた焼灼術も可能です。
大腸の良性ポリープ(腺腫など)に対しても、積極的に内視鏡的切除を行います。悪性腫瘍や比較的大きな腺腫については精密検査後に、適応病変に対しEMR・ESDを行っています。
左:切除前(早期胃がん) 右:切除中
       切除前(早期胃がん)               切除中
左:切除後(人工潰瘍) 右:切除標本
       切除後(人工潰瘍)               切除標本

○炎症性腸疾患の治療
クローン病に対しては生物学的製剤(レミケード®・ヒュミラ®)の投与を積極的に行っています。従来の栄養療法・薬物療法を組み合わせて粘膜治癒をめざします。
潰瘍性大腸炎には経口・局所の薬物療法を中心に、必要に応じて血球除去療法(CAP)・生物学的製剤を併用しており、高い治療成績を得ています。
その他、腸管ベーチェット病、腸結核などの経験も豊富で、個々の患者さんに最適な治療を施す「オーダーメイド治療」を心がけています。

○ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法
ピロリ菌に感染したすべての患者さんに対し、保険診療の範囲内で積極的に治療、除菌判定を行います。

○上下部消化管出血に対する内視鏡的止血術
緊急内視鏡検査・止血術に対応しています。さまざまなデバイスを駆使した消化管止血や、先端アタッチメントを用いた安全な異物除去術に取り組みます。

○良悪性消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術、ステント留置術

○経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)・ボタン交換
経口的に食事が摂れなくなった患者さんに対し小さな傷で注入ボタンを腹壁に取り付け、栄養剤・内服薬を直接胃内に注入できるようにします。療養型病院に入院中の患者さんへのPEG造設は原則外来手術で、在宅・施設入所中の患者さんへの造設は短期入院で行います。
また、すべてのボタン交換は外来にて行います。誤挿入防止のため、全例内視鏡観察下にて造設・交換します。
(ボタン交換は、当院で造設を行った患者さんに限らせていただきます)



   次のページへ