小児科


地域のこどもたちの心と身体の健康を守ることは
われわれ小児科医の使命であり喜びです

患児とともに始め
      患児とともに続き
          患児とともに終わる
               Sir. Dr. William. Osler


【診療方針】
かかりつけ医の先生方と連携をとり、患者さんの権利を尊重して、徹底したインフォームド・コンセントを行い、安全で質の高い小児医療をめざします。

【診療内容】
(小児科二人体制です。切磋琢磨して診療に当たっています)
外来診療は呼吸器、感染症、アレルギー疾患などいわゆるCommon diseaseの患者さんが中心です。気管支喘息の患者さんにはピークフローメーター、肺機能検査、喘息日誌を用いた治療管理を行っています。また、小児の肥満症、メタボリックシンドロームの患者さんには積極的に治療を行っています。以下の疾患については専門外来を設けておりますので詳しくは外来へご連絡ください。


○神経疾患
てんかん、けいれん、麻痺、発達障害などの患者さんの診断と治療を行います。

○腎疾患
急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、紫斑病性腎炎、水腎症などの診断と治療を行います。学校検尿で指摘された血尿、たんぱく尿などの精密検査も行います。

○循環器疾患
川崎病、先天性疾患などの診断と治療、ならびにフォローアップを行います。
学校検診で心雑音、心電図異常を指摘された患者さんの精密検査を行います。

○肥満外来(ムーミン外来)
肥満症、メタボリック症候群の診断を行い、食事指導、運動指導ならびに、4回体重表を使用した行動療法などで治療します。学校糖尿病検診で尿糖を指摘された患者さんの精密検査を行います。

入院患者さんは小児病棟に入院します。入院患者の年齢は0〜1歳の乳幼児が入院全体の過半数を占め、5歳までの患者さんが全体の8割を占めます。入院症例の内訳は肺炎、RSウイルス感染症、気管支喘息などの呼吸器疾患が過半数を占め、急性腸炎、急性扁桃炎などが続きます。小児科医、看護師、コ・メディカルが一丸となって一日も早い家庭復帰、社会復帰をめざします。

【診療実績】(2014年)
入院患者 71名
平均在院日数 6.7日
紹介率 58%